フォトフェイシャルの注意点とはなんでしょう

柔らかい光が特徴のhフォトフェイシャルは、美肌効果が肌に負荷をかけずに感じられるものだといいます。
フォトフェイシャルの効果に副作用が全くないかといえば、ないとは言いきれません。
フォトフェイシャルは、施術者のスキルが効果を大きく左右します。
照射する光の出力が高すぎたり弱すぎたりすることで、肌がやけどになってしまったりします。
効果が思ったほど得られなかったということもあるといいます。
フォトフェイシャルのトラブルを避けるには、肌の状態に合う光の照射の仕方や出力の調整ができる人に施術をしてもらう必要があります。
フォトフェイシャルをどこの医療機関でしてもらうかをよく検討しましょう。
本来は医師しかしてはいけないフォトフェイシャルの機器の操作を、看護婦任せにしているようなところは要注意です。
施術前に十分なカウンセリングを行い、納得のいく説明をしてくれるクリニックを選ぶようにしましょう。
施術後のケアや、施術回数、施術費用について丁寧に説明してくれるところを選びたいものです。
あまりフォトフェイシャルが向いていないのは、妊娠中の人や、濃い日焼けをしている人です。
アトピーなどの皮膚トラブルがある人も効果以上にトラブルが多いことがあり、フォトフェイシャルは避けた方がいいと言われています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月5日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ