為替相場の見通しを立てるの詳しい説明

最近流行っているFXなどの外国通貨の取引ですが、為替相場の見通しが立てられない人には利益を上げることが難しいのが実情です。
為替相場を変動させる要因は多岐にわたっています。
そんな中で、為替相場の見通しをいったいどうやって立てるようにすればいいのでしょうか。
為替相場は世界全体で取引されており、変動要因も世界規模です。
このため見通しを立てるといっても簡単にはいきません。
しかし、ある程度の予測であれば毎日のニュースを分析することですることができます。
為替相場の見通しを立てるためにチェックしておきたいのが国際情勢です。
東日本大震災が起きた時に為替が大きく動いたように、大きな災害やテロ、戦争の勃発などにより、為替相場は変動します。
主にテロや震災などの大きな事件が発生した国の通貨が売られ始めて一方の通貨の相場が上昇します。
経済情勢も、為替の変動に関わっています。
好景気の国は投資のために外貨が多く入りますので通過の価値が上がり、結果的に円高になります。
また、貿易収支の数字も為替相場の取引の判断を左右します。
貿易収支で黒字が上回った場合、輸出好調によって国内に外国通貨が入ってくるわけですから、その国の貨幣価値が高くなるという方向に為替相場が動くという見通しが立てられます。
金利も為替相場に影響を与えます。
日本の金利が他国よりも高ければ円の価値はあがりますので、円高になると見通しを立てられます。
その他少し例外的なものとしては、中央銀行による相場への介入行為が上げられます。
一気に大量の資金が投入されるため、相場は大きく変動します。
経済ニュースをいつもチェックしておくことが為替相場の見通しを立てるには重要なことだといえるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月27日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ