住宅ローンを計算する場合の注意点を調べてみた

あらかじめ、計算をして返済プランを明確にしてから、住宅ローンを使うことが重要です。
1ヶ月当たりの返済金額についてや、現時点での収入で返済が可能な範囲かどうかがわからなければ、住宅ローンは組めません。
分譲マンション購入時にも住宅ローンのシミュレーションをすることになりますが、問題点があるといいます。
分譲マンションや住居を高に結うするに際して、大抵の住宅会社は変動金利で住宅ローンを組み、その試算書を艇種してきます。
変動金利は、固定金利より金利が低い傾向があるためです。
計算結果を、金額を少なめにできるからです。
メーカー側が提示した計算書を見て、この金額であれば返済が可能だろうと判断するのは早計な話かもしれません。
どうして負担が少なく見えるかといえば、金利を一定にして計算するためです。
固定金利と異なり、何年か後に金利がUPしたら、それに伴って住宅ローン金利も上がるというのが変動金利制というものです。
住宅ローンを固定金利で借りると、一見金利は高く見えますが、その代わり将来的に金利は変わりません。
20年先、30年先に金利がどうなっているかは誰にもわかりません。
これから金利がどう変わるかわからないのに、現在の金利のままで計算をするのが変動金利プランの注意点です。
今から家という大きな買い物をするとなると、判断が難しくなるのが人間です。
住宅ローンを決める時には、メーカー側がつくった計算書だけで貸付条件を決めないようにしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月3日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ