情報関係の仕事に興味が湧きます

仕事にはさまざまな職種がありますが、特に最近は情報関係の仕事を希望する人が増えています。
大抵の人は、コンピューターを扱う仕事が情報関係の仕事であると思うのではないでしょうか。
設計と製造との、2つのカテゴリーの仕事が存在しています。
仕事の内容と自分のスキルとのすり合わせは、きちんとしておきましょう。
情報処理や設計関係の仕事の場合は、商品を製造する必要はありませんが、コンピューターの知識が必要です。
けれども、情報処理とはコンピューターを使って仕事をすることですので、コンピューターそのものはツールでしかないといえます。
WEBデザイナー、SE、プログラマーなどは情報系の仕事としてよく耳にします。
情報処理と一言でいっても様々な仕事がありますので、実際にはどんなことをすることが求められているかを理解することです。
この頃は、情報処理技術がある人が、情報処理に関連した仕事を外注や派遣という形で請け負っている場合もあります。
情報処理に関する仕事につきたいからと、コンピューターを扱う専門学校や大学を選択したという方もいるようです。
確かに学校でコンピューターに関する知識はつきますが、プログラマーからSEへと進む際には必ず業務知識が必要です。
実際の仕事を通して身につける技術や情報は、スキルアップのためには必要不可欠です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月26日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ