借金を任意整理すると連帯保証人に負担がかかる

借金を任意整理すると連帯保証人に負担がかかるといったことをわかっているでしょうか。

借りた本人が返さなくてもいいという事は連帯保証人が本人の代わりに支払うという事になっていきます。なので、その事をしっかり覚えておいて任意整理を行うべきだと考えますね。いわゆるブラックリスト入り、つまり事故情報が信用情報機関に記録されてしまうことと、自己破産や個人再生では個人情報が官報に掲載されてしまうことが債務整理から受ける悪影響の一つでしょう。
ただ、一定期間が過ぎれば事故情報の記録は消えますし、いつも官報をチェックしている人なんてごく一部です。なお、もし保証人がいるならばその人に多大な迷惑がかかる可能性が高いです。
任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利の引き下げや元金のみの返済でいいように交渉するという公共機関の裁判所には関係なく借金額を減らす方法です。
ほとんどのケースでは弁護士、司法書士が債務者と交代して話し合いをして、月ごとに支払う金額を減らすことで、完済できる道筋がみえます。

任意整理や裁判所を通す自己破産や個人再生などは、自分で手続きしようと思えばできるのでしょうが、賢明な選択とはいえないと思います。債務の減額を目的とする任意整理では、個人の話で債権者が納得するわけがないですし、大幅な減額を見込んだ個人再生を行う時も、提出書類は相手が納得してくれるように書かなければいけません。
それに、もし自己破産するのであれば申請書類は膨大で、手続きにもかなりの時間がかかります。ですから債務整理というのはやはり実務経験の多い弁護士などに任せるべきでしょう。きちんと債務整理を完了したとしても、ある程度の時間が経過しなければ、クレジット会社の審査をパスしたりローンを組んで高額な商品を購入することが難しくなります。
なぜかと言うと、債務整理の経験者は金融事故歴があると信用情報機関に残ってしまうためです。

最低でも5年が経たないとブラックリストから情報が消えませんから、この間は住宅の購入や高い買い物は控えましょう。結婚したり離婚をしたりといったことで名字が変更になると、債務整理の記録がまっさらになるという事はありません。カードを申し込むとき旧姓記入欄はしばしばありますし、本人確認をする際用いられるのは氏名だけではないでしょう。

仮に審査に通れたとしても、債務整理の記録が後日わかった場合はその時点でカードの利用停止やカードの返却要請といった措置になる事も大いにありえます。もし任意整理や個人再生などの債務整理を行うのであれば、原則として安定収入があることが前提となりますが、生活保護受給者は保護費という収入があっても対象外となります。最低限の生活が送れるよう支給するのが生活保護費ですから、生活に充てず借金を返すために使ってしまったら、支給停止ということも現実としてあるわけです。そういうわけで、生活保護費の支給を受けている期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみというわけです。住宅ローンの借り入れに際しては審査がありますが、この審査を通るためには債務整理後、それなりに期間が空き、信用情報機関が持ついわゆるブラックリスト(事故情報)から債務整理が行われた記録がなくなっている事がどうしても必要です。

どれほど時間が経てばいいかというのは債務整理の方法により異なり、もう消されたか、それともまだかというのは好きに見ることができるのです。既に消えていたら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年8月13日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ