就職面接の基本マナーは知っておきたい

就職試験には面接が欠かせないものですが、基本的なマナーはどのようなものなのでしょうか。
面接を受ける場合には必ず基本的な面接のマナーを身に付けておく必要があります。
いくら優秀な経歴や学歴があってもマナーの悪い人は採用されません。
指定の日時に遅れることがないよう、10分前には現地に到着するようにします。
何らかの理由で遅れる場合は、必ず連絡をしてください。
就職した後に臨機応変に対処できるかどうかも見られているのです。
受付に到着したら自分の名前と就職の面接に来たことを告げて指示に従いましょう。
あいさつをするときは、はっきりと歯切れのいい口調でするようにします。
面接をする部屋がドアで隔てられていた場合、ドアをノックし、失礼しますと一声かけて扉を開けます。
面接のとき以外に社内で社員とすれ違うときは会釈か軽い挨拶をしたほうが良いでしょう。
待合室で面接の時間まで待つときには携帯の電源を切ったり、面接の準備をして待ちましょう。
待っている時に、携帯電話の操作をしているというようなことはやめましょう。
自分の順番が来たら、面接室に入る際にドアを二度ノックし、面接官からの返答を待ちます。
面接官のところまで行き自分の名前を名乗り挨拶をしましょう。
面接官におかけくださいと言われてから椅子に座ります。
礼儀を守った話し方と、相手から目をそらさずに話すことが大事です。
終わったら、最後まで慌てずにあいさつをお礼をきちんと行ってから部屋を出ます。
面接を通過しなければ就職活動がうまくいくことはありませんが、どんなに面接で立派なことを言えても、マナーがなっていなければ意味がありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ