子供の紫外線ケア

紫外線に対するケアが必要なのは、大人だけではありません。
子供のうちは、夏は日焼けをした方が健康には良いという考え方が日本にはあります。
現在でもそういった考えを持つ人が多いこともあり、日本では子供の紫外線ケアがなおざりにされがちです。
紫外線というのは、子供の時にたくさん紫外線を浴びていればいるほど、皮膚がんや白内障の発症率が高いといわれます。
幼児期からの紫外線ケアを盛んに行っている国としてアメリカやオーストラリアがあります。
皮膚がんや白内障になる人が多いためです。
子供のうちは日焼けをしても問題ない、ケアは不要という考え方は正しくはありません。
屋外で活動する時には日焼け止めクリームを必ず使う、紫外線カット効果がある帽子やサングラスを使うなど、子供相手だからこそ気配りが欠かせません。
子供の肌は大人に比べてデリケートです。
子供には子供に適した日焼け止めクリームがあります。
どうしてもという時は肌への刺激がマイルドなものを選びます。
小児用の日焼け止めクリームを利用してください。
もしも紫外線対策にクリーム等を使った時は、就寝前にボディソープ等で体をよく洗います。
日焼け止めクリームが洗いきれずに残っていたために、紫外線ケアはできたものの皮膚にダメージがいってしまう場合もあるためです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月1日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ