クレジット一体型電子マネーの特徴

最近は、電子マネーをクレジット一体型で使うという方が増えています。
電子マネーの機能がついたクレジットカードは、珍しくなくなっています。
実際、両方をうまく使いこなしている人はさほど多くは無いようです。
電子マネーがクレジット一体型であれば、多くの局面でキャッシュレスの決済が可能です。
クレジット一体型電子マネーは、専用のカードをかざすだけで支払いが完了する便利さがあります。
あらかじめ電子マネーにお金をチャージしておき、そこから買った物の代金を支払っていきます。
大きな買い物はクレジットカードで、手頃な買い物はプリペイドカードで行っているようなものです。
今まで、電子マネーのチャージは現金を支払う必要がありました。
クレジット一体型にすることで、クレジットカード~チャージすることも可能になります。
最近は多機能なクレジットカードがとても増えています。
クレジット一体型となった電子マネーを活用することで、コンビニでのちょっとした買い物も手軽に行うことができます。
電子マネーの支払いを携帯電話で行えるおサイフケータイを使う人も増えています。
カード1枚でクレジット機能、電子マネー、銀行用カードと多彩な機能を持つ型もあります。
ちょっとした買い物でも、まとまった決済でも、ATMの操作でも、そのカードでできて便利です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年1月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ