事業者ローンとはができる

中小企業に無担保で行う融資に、事業者ローンというものがあります。
担保も保証人も必要ではなく、審査のスピードも早いことから関心が集まっています。
銀行や信用金庫などの金融機関が取り扱うものと、ノンバンクの貸金業者などが取り扱うものとがあります。
銀行の融資先は大企業や、上場企業でした。
最近では、中小企業向けの事業者ローンにも、大手銀行が積極的に行っています。

事業者ローンを利用できる金融会社の選択肢は幅広くなり、銀行だけでなく、消費者金融会社からも融資ができるようです。
会社経営をしている人、これから企業を考えている人にとって、資金調達は重要な問題です。
可能な限りすぐに資金を獲得したいという人は、事業者ローンをノンバンクなどで借りるといいでしょう。
ノンバンクの事業者ローンは、申し込みから3~5日、早ければ即日の融資が可能です。
最近はスコアリングという方法で審査が行われています。
決裁書の内容をコンピューターに入力するだけで、コンピューターがデータを処理し、融資金額の上限や返済期間を決めることができます。
ただし、金利や手数料などの貸付条件が厳しく設定されやすいようです。
銀行や信用金庫の事業者ローンは審査に時間がかかり基準も厳しい傾向がありますが、比較的低金利でまとまった金額の融資を受けることが可能です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年5月30日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ